一般社団法人 全国建築CAD連盟【AACL】

連盟概要 | リンク | サイトマップ

ホーム
ホーム > 教育機関の方へ > 導入検討中の機関 > 試験の実施方法

認定校における試験の実施方法について

   認定校に申請登録後は、各教育機関で本試験を実施いただけます。

   受験手続きから試験実施までの流れは下記のとおりです。

 

 

受験願書の請求
試験実施月(4月・7月・10月・1月)の4ヶ月前になると、毎回、当連盟から試験の実施案内が送付されます。受験希望者がいる場合は、書類に願書の必要部数を記入しFAXでお申込みいただきます。
受験願書配布
連盟より受験願書を送付しますので、受験予定者へ配布して下さい。
受験願書の提出および受験料の納付

受験予定者から願書を回収し、一括してお申込みいただきます。

また、原則、受験料も受験者分取りまとめ、願書締切日までに一括して連盟宛ご入金いただきます。

受験票の配布
願書の到着と受験料の納付が確認できましたら、各認定校ごとにまとめて受験票を送付します。認定校は確実に受験票を各受験者へ配布して下さい。
 
試験資材の保管
試験問題を含む試験資材を、ご指定いただいた試験日の1週間前に送付します。試験問題は実施日まで厳重に保管して下さい。
 
試験の実施 試験監督については各認定校へ委託しており、事前にお送りする「運営マニュアル」に基づき実施いただきます。
 
解答図面の提出
試験終了後、監督者は受験者の解答図面を印刷し、図面データ、試験問題等とあわせて当連盟宛に送付いただきます。送付は原則として試験当日あるいは翌日までにお願いしています。
 
採点
採点は当連盟で行います。全受験者の採点が終了した後、採点委員会にてボーダーラインを決定し合否を決定します。
 
結果通知到着
原則、各認定校ごとにまとめて合否結果通知書を発送します。
 
認定証発行手続 合格者には認定級を明記した認定証を発行します(希望者対象)。申込書は合否結果通知書に同封されていますので、各認定校ごとにまとめてお申込いただきます。なお、お申込みは認定校での取りまとめのほか、個人でもお申込みいただけます。