一般社団法人 全国建築CAD連盟【AACL】

連盟概要 | リンク | サイトマップ

ホーム
ホーム > 資格概要 >准2級

「准2級」試験のご案内

 

准2級 新設の目的

 本年の10月試験より、新たに「准2級」試験を新設いたします(※一般受験は2025年

4月より受験開始)。
 これは既存の「3級」試験と「2級」試験の出題内容・難易度に大きな差があることか
ら、その中間級を設けることで個々の学生・生徒のそれぞれのレベルにあった目標を設
定しやすくすると同時に、実社会が求めるCADユーザーのさらなる質的向上への期待に
寄与することを目的としています。
 これにより「3級合格者が次の2級を挑戦するにはハードルが高い」というご意見や、
「難易度の高い2級試験に繋がるよう建築一般図への理解を深めたり、更なるCAD技術の
向上を目指せる勉強がしたい」などのお声にも十分お応えできるものと考えます。
 

3級、2級 との違い

 「准2級」試験は「3級」試験と同様にトレース技能に的を絞った試験です。しかし、

3級試験のように部分図をトレースするのとは異なり、より実務に近い「平面詳細図」や
「立面図」などの建築一般図を作図するため、まずそれらの基本的な表現方法を理解す
ることも目的としています。
 試験では、具体的には「1階平面詳細図」と「南立面図」のそれぞれに参考図と完成
図が用意され、補足説明に従って参考図をもとに完成図を作図していきます。
 これまでの2級試験では、例えば平面詳細図の作図にあたっては建具の位置や部材の
サイズ、あるいは設備機器類にも位置・サイズの詳細な指示がないため、受験者が適切
な判断を行い完成させますが、准2級試験ではこれらのすべての位置やサイズに指示が
与えられます。
 また、南立面図の作図においても2級試験では屋根の高さや位置などは受験者が持つ
基礎的な建築知識と試験問題の屋根伏図・断面図の情報からすべてを正確に求めなけれ
ばなりませんが、准2級試験では屋根の高さや位置なども寸法やグリッド線の数で指示
されるため、その建物がどのような形状をしているのかを理解していれば比較的スムー
ズに完成させることができます。
 ただ、制限時間内に二つの図面を完成させるには、3級試験のレベルではなく2級試
験と同等の作図知識と技術(スピード)が要求されます。
 准2級試験の練習では、平面詳細図の建具の詳細の形状や位置(グリッド線との関係性)
を把握したり、設備機器類の表現方法や納まりなどを学習できます。さらに南立面図で
は、勾配線を利用した屋根の棟の線の描き方など、2級試験受験に向けて必ず押さえなけ
ればならない基本がしっかりと習得できます。
 これらの経験は、最終的に人気・レベルともに高い2級試験取得を目指す学生・生徒
の皆様には非常に大きな経験となり、必ずや有益に働くものと期待しています。