一般社団法人 全国建築CAD連盟【AACL】

連盟概要 | リンク | サイトマップ

ホーム
ホーム > 資格概要 >建築界で活躍できる仕事

建築界で活躍できる仕事

建築を学ぶ皆さんにとって目標は様々です。
自らのCADのスキルを社会に証明しようと、たくさんの方々がこの「建築CAD検定」にチャレンジされていますが、またその受験者の多くが、将来、CAD技術者としてのみならず「建築」に携わる職業に就くことを夢に思い描いておられることでしょう。

「建築」を学んだ先の活躍のフィールドは広大で、仕事の可能性は限りなく広がっています。
ここでは将来活躍できる建築の主な仕事とそれに係わる各種資格についてご紹介します。

 

 

■主な仕事とその内容                   資料協力/日建学院 (建築資料研究社)

                              ※(国)=国家試験

▼ 建築家 ▼ 工務店の管理業務担当 ▼ インテリアデザイナー
主に設計の責任者として建物の設計と工事のチェックを行います。仕事は高層ビル、商業・公共施設、住宅など多岐にわたり、組織系設計やアトリエ系事務所の責任者などが一般に建築家と呼ばれます。 工務店は、一般的に建築工事を専門に行う業者で、管理業務を含めて担当するのが現場監督の仕事。地域に根ざした比較的規模の小さな建物が中心になります。 主に建物の内装を設計する仕事。活躍の場は飲食店・商業ビル・店舗から大規模な公共施設まで「内装」デザインに関わる範囲は広い。豊かな感性と色彩感覚などが求められます。

(目標資格)

1級建築士(国)

2級建築士(国)

木造建築士(国) など

(目標資格)

1級・2級建築施工管理技士(国)など

(目標資格)

インテリアコーディネーター

インテリアプランナー など

構造設計者
設備設計者
ゼネコン施工担当
構造設計者は、地震・台風・火事など、どんなに厳しい力の影響でも、建物が何年にもわたって安全に立ち続けられるよう、その仕組みを計算し確かめ設計する仕事です。 電気・ガス・水道・空調などの設備に関する設計を行います。配管は建物にエネルギーを送り込む大切な部分であり、住む人が健康に暮らせるかにも関わる重要な仕事です。 工事一式を元請けし、下請けを含め工事全般の責任を負います。施工担当者は現場監督としてスケジュール・安全確認・コストを管理し、建物を仕上げていきます。

(目標資格)

構造設計一級建築士(国)

JSCA建築構造士 など

(目標資格)

設備設計一級建築士(国)

建築設備士(国) など

(目標資格)

1級・2級建築施工管理技士(国)

1級2級管工事施工管理技士(国)

給水装置工事主任技術者(国)

第123種電気主任技術者(国)

1級・2級電気工事施工管理技士(国)

1級2級土木施工管理技士(国)

1級2級造園施工管理技士(国)

1級・2級舗装施工管理技術者

          など 

▼ ゼネコン設計担当
▼ 住宅メーカー設計担当
▼ リフォーム設計者
ゼネコンの設計部門は、計画・意匠・構造・設備など専門別に分かれており、各担当者が集まり機能性・社会性・経済性・意匠性などの面で検討し設計図を完成させていきます。 各メーカーの住宅システムをもとに、用意されたパーツを組み合わせて住宅を設計します。住み手の知識やこだわりに応じた柔軟な設計力が求められます。 住まいへの不満や悩みを聞き、住み手のライフスタイルに合う住まいのあり方を提案します。細部にわたる打ち合わせが必要でコミュニケーション能力も求められます。

(目標資格)

1級建築士(国)  など

(目標資格)

1級建築士(国)  など

(目標資格)

1級建築士(国)  など

建築系営業職
建築施工職人
アトリエ系設計事務所スタッフ
ユーザーが何を望んでいるかを明確に聞き出し、要望に沿うものを提案して契約を結んだり商品を販売する仕事です。相手を納得させる建築の知識が強みになります。 建築現場では木工の大工をはじめ左官・塗装・配筋・屋根葺き・建具・水道工事・電気工事などの職人の手による仕事が多く、いずれも長年の修行で培われる手技がものをいう職種です。 建築家がデザインにこだわりをもって1つ1つの建物を設計するアトリエ系。将来建築家をめざすスタッフにとっては、経験を積みセンスを磨けるという利点があります。

(目標資格)

1級建築士(国)  など

(目標資格)

各種技能検定 など

(目標資格)

1級建築士(国)  など

組織系設計事務所の

設計部門

インテリアコーディネーター
都市計画家
高層ビルや公共施設などの大規模な建築を組織的に設計していきます。社内に意匠・構造・設備などの部門を別にもっていることが多く組織の力を最大限に活かしチームワークで設計を進めます。 建物・空間のコンセプトや心地よい空間を手に入れたいという依頼者のニーズを的確に読み取り提案します。住宅やモデルルーム、住宅展示場などを手がけることが多い仕事です。 国や地方自治体の計画に基づき、土地の利用の設計や開発の計画を提案します。都市や地域といった広い範囲について人々が快適に過ごせる安全なまちづくりを行います。

(目標資格)

1級建築士(国)  など

(目標資格)

インテリアコーディネーター

インテリアプランナー など

(目標資格)

技術士(国)

1級建築士(国)

土地区画整理士(国) など

建材・素材メーカー

開発担当

照明デザイナー
ショールームスタッフ
コンクリート・木材・鉄・ガラスなどの建物の材料や部品を供給するのが建材・素材メーカー。開発担当は、ユーザーのニーズに合わせて、様々な商品を開発します。 照明器具だけでなく、光そのものをデザインする仕事です。住宅から商業・公共施設など活躍の場はとても広く、近年の演出技術の向上で今後も楽しみな分野です。 家具、衛生機器、住宅展示場など、建物の多様な設備を展示販売するショールームで、来訪者への説明・商品の提案を行います。的確な対応と豊富な知識が求められます。

(目標資格)

コンクリート技士・

コンクリート主任技士 など

(目標資格)

照明士

カラーコーディネーター など

(目標資格)

インテリアコーディネーター

インテリアプランナー など

建築設備機器メーカー

開発担当

建築業経理

ランドスケープ/

庭園デザイナー

バス・トイレ・キッチンなど水回り製品を開発する仕事です。デザイン・機能性・耐久性・省エネ・メンテナンス性などユーザーの側に立った製品の開発を行います。 一般的な経理業務に加えて、建設業独自の書類作成・管理を行います。仕事をスムーズに行うため建設業についての専門的な知識も求められ建設業界の経理のエキスパートとして活躍できます。 どちらとも建物と自然の調和をはかり快適で美しい環境をデザインする仕事です。前者はスケールの大きな屋外設計が中心で、後者は庭園などのデザインをてがけます。

(目標資格)

給水装置工事主任技術者(国)

第12種電気工事士(国)など

(目標資格)

建設業経理士

建設業経理事務士 など

(目標資格)

エクステリアプランナー

1級2級造園施工管理技士(国)

ブロック塀診断士 など

行政の建築関連業務担当
研究者/教育関係者
建築コンサルタント
各市町村が地域の建築の安全性や品質の向上をめざし、地域住民が健やかに暮らせるよう活動します。文化財の修復や保護、住民の声を反映した暮らしやすい「まちづくり」にも関わります。 大学などで建築・意匠・構造・設備・法規など建築専門分野を研究したり、次代を担う建築関係の専門技術者を育てます。建築史の研究者は、歴史的な建築物の調査や修繕保存に携わることもあります。 建築プロジェクトの企画、立案、事前調査、設計、工事の管理などの一連の技術サービスを提供する専門家。コンセプトに合わせて各部門のプロを組み合わせ、建築プロジェクトの実現に重要な役割を果たします。

(目標資格)

1級建築士(国)  など

 

 

(目標資格)

技術士(国)

1級建築士(国) など

(目標資格)

宅地建物取引主任者(国)

土地家屋調査士(国)

マンション管理士(国)

管理業務主任者(国)

エネルギー管理士(国)

測量士・測量士補(国)

福祉住環境コーディネーター

ファイナンシャルプランナー     など